本日 71 人 - 昨日 2798 人 - 累計 3185040 人
  • 記事検索

RSS

単独の90歳女性西穂で救助

 西穂高岳で、動けなくなった単独の90歳女性が救助された。

 読売新聞によると、

 7月14日午後5時40分頃、北アルプスの西穂山荘から500~600mの登山道で、神戸市の90歳の無職女性が座り込んでいるのを同山荘従業員が発見した。

 女性は同山荘で1泊し、岐阜県警山岳警備隊4人が翌日(7/15)午前11時頃、新穂高ロープウェイ西穂高口駅まで下山させた。女性にけがはなかったという。

 女性は、1人で登山に来て、疲労で動けなくなっていたという。登山歴は30年あるというが、服装は軽装だったようだ。

 山にはいろいろな人がいますが、90歳で単独で西穂に入るとは、びっくりしました。

 あの山に行きたいという気持ちは、すごく良く分かります。でも、体力は衰えるもの、高齢者は昔のようにいかないことも多々あります。
 的確な判断、慎重な行動が必要となりますね。


関連記事
高山村ネマガリで今年も遭難発生 (06月21日)
金峰山で転落か (09月03日)
立山でスキー事故が相次ぐ (05月03日)
北ア鹿島槍ヶ岳で男性滑落 (04月29日)
中央アルプスで滑落遭難 (04月28日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):