本日 875 人 - 昨日 2665 人 - 累計 3368484 人
  • 記事検索

RSS

白馬大雪渓で男性死亡

 本日(5/4)、北アルプスの白馬大雪渓を、夫婦で登っていた山梨県在住の43歳男性が死亡しているが確認されました。

 信越放送によると、夫婦は昨日、白馬村の猿倉から入山し、白馬岳山頂をめざして白馬大雪渓を登っていましたが、上部で吹雪のため登れず下山していたところ、看護師で46歳の妻が夫とはぐれ動けなくなったとうことです。

 昨夜、妻が親族を通じて警察に救助を求め、県警は今朝から捜索をし、ヘリコプターで二人を救助しましたが、夫が死亡、妻も低体温症などで治療を受けている模様です。


関連記事
滑落事故の雪崩調査員のNPOがコメント (02月13日)
ヘリ救助中の転落事故和解へ (02月10日)
高山でタケノコ狩りで遭難 (06月19日)
登山中黒部ダム湖に転落死亡 (10月10日)
沢登りの男性滑落か (07月15日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):