本日 658 人 - 昨日 4435 人 - 累計 2770311 人
  • 記事検索

RSS

雪山の装備

2013.12.22冬装備.jpg 出番を待つ雪山の装備。特に、ピッケル、メット、ヌンチャク、防寒手袋はブラックダイヤモンドで極めた。(N)

 本格的な雪山はやらないと決めているので、これらの装備は残雪期山行や雪渓のトラバースで使うことになる。
 補助ロープとして、ロカ8mm×20mと5mmの細引き10mを携行。アイゼンはモンベルの10本爪です。侮らないでほしいのですが、モンベルは廃業した梶田製作所の事業を引き継ぎ製作していますから間違いなですよ。あとはカラビナ各種10個とスリングを3本携行します。スリングはハーネスにもなりますから必需品ですね。
 いずれにしても、日々のロープワークの確認など訓練を怠らないことが大事ですよね。


関連記事
山用具は白馬で買う (08月26日)
山梨日日新聞の「冬山を知る」 (01月09日)
登山の水分補給にチューストロー! (05月25日)
モンベルのスノースパイクに不具合 (02月10日)
ブラックダイヤモンド自主回収 (04月16日)
前の記事
次の記事
COMMENT
[2] no | 2013/12/26 19:22
登山をはじめ、「買える安全は買え」は物事の基本ですね。また、ある山岳部顧問は「まよったら高い方を買え」という。
 長野県警は、夏山の登山においてもヘルメット着用を推奨している。頭部のケガが多いうえ、致命的になるからである。
[1] ひ | 2013/12/25 08:29
いつの間にこんなに!?奥さんがきっと山で泣いているでしょう・・。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):