本日 8364 人 - 昨日 3844 人 - 累計 3824321 人
  • 記事検索

RSS

浅間山突然噴火

 浅間山が突然噴火しました。

 8月7日午後10時8分、長野群馬両県に跨がる活火山の浅間山が突然噴火した。噴火の様子は、黒斑山に設置された監視カメラの映像で確認できる。噴煙は一時1800m上空まであがり、降灰は北側の嬬恋村で確認されている。

 この噴火で気象庁は、噴火警戒レベルを3に引き上げ、半径4キロ圏内の入山規制とした。噴火当時、4キロ圏内にある火山館コースの火山館に館長が滞在していたが無事が確認されている。

 今朝の浅間山は、通常の噴煙の状態になっているように思える。気象庁の発表でも、噴火は昨夜の1回しか確認されていない。

 今回の噴火は、前兆がなく突然噴火したということで、改めて火山の対策の難しさが分かった。今回は、噴火が夜間だったため、入山者がいなかったことで人的被害がなかったと考えられる。火山への登山は慎重な判断が必要だ。


コメント
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):