本日 9141 人 - 昨日 3844 人 - 累計 3825098 人
  • 記事検索

RSS

焼岳低周波地震を観測

 焼岳で、空振を伴う低周波地震が観測されました。

 気象庁は7月28日16時10分、「焼岳 火山の状況に関する解説情報第2号」を発表した。それによると、7月27日、焼岳で空振を伴う低周波地震を観測されたが、その後は観測されていない。

 山頂周辺の地震活動は低周波地震の発生前と同様、低調な状況で経過している。北陸地方整備局の監視カメラによる観測では、従来から噴気のみられていた場所の噴気の高まりは認められないという。

 注意事項はこれまでと同じく、
 山頂付近では噴気や火山ガスの噴出に注意すること、登山する際はヘルメットを持参することなど

 噴火警戒レベルはこれまので「1」が継続となっている。


コメント
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):