本日 2600 人 - 昨日 2726 人 - 累計 4161098 人
  • 記事検索

RSS

妙高・火打山7月から協力金徴収

 妙高戸隠連山国立公園の妙高山および火打山の入山者から500円の協力金を求める社会実験を行うことがわかりました。

 環境省と妙高市は、妙高山と火打山の良好な自然環境の保護と持続可能な利用を推進するため、それぞれの山に立ち入る方から、社会実験として500円の協力金を求めると発表した。

この協力金の社会実験は次のとおり行われる。

【実施期間】令和元年7月1日(月)~10月31日(木)
【実施箇所】新潟県妙高市 妙高山・火打山の3つの登山口(笹ヶ峰登山口、燕温泉登山口、新赤倉登山口)
【内  容】 
・各登山口において、自然環境保全に係る協力金(500円)の寄付をお願いする。(係員による収受又は協力金箱や電子決済による収受を想定)。
・なお、協力金を寄付した方には協力記念品が渡されるほか、地元の観光施設等での協力に応じたサービスを受けられるという。

詳細については、別添のチラシを参照のこと。
★妙高山火打山協力金チラシ


コメント
name.. :記憶
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):