本日 1760 人 - 昨日 2843 人 - 累計 4138026 人
  • 記事検索

RSS

爆破して雪崩を誘発し遺体回収?

 アメリカで、爆破により人工的に雪崩を発生させ、危険を除去したあとに遺体を回収するという出来事がありました。

 1月25日、アメリカ合衆国のユタ州ラ・サール山脈で、スノーボードをしていた者が雪崩に巻き込まれた。

 新たな雪崩の発生による二次遭難の危険から遺体回収ができないため、あえて爆薬を使った爆発により雪崩を発生させた。

 その後、遺体は回収することができたとのことです。

関連記事
NO IMAGE
連休最終日遭難相次ぐ (07月17日)
NO IMAGE
八方でも男性不明 (02月09日)
NO IMAGE
武尊山の夫婦無事救助 (03月24日)

コメント
name.. :記憶
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):