本日 1128 人 - 昨日 2899 人 - 累計 3626866 人
  • 記事検索

RSS

新潟妙高雪崩で外国人死亡

 新潟県妙高市でバックカントリーのフランス人が雪崩に巻き込まれ亡くなりました。

 1月25日、新潟県妙高市の大毛無山でバックカントリースキーをしていた40代のフランス人男性が雪崩に巻き込まれた。

 男性は仲間に救出され、新潟県警のヘリで搬送されたが死亡が確認されたという。ご冥福をお祈りします。

 男性は仲間二人とアライリゾートに滑っていて、一人だけ雪崩に巻き込まれたらしい。

 アライリゾート周辺では、事故が目立ちます。特にバックカントリーは注意が必要です。

 この週末、長野県北部は24時間で70センチを越える大雪となる予報が出ている。なだれ注意報も出っぱなしです。益々雪崩の危険が高まっています。バックカントリーへは出るべきではないでしょう。

関連記事
NO IMAGE
今度は蝶ヶ岳で病死か (08月30日)
NO IMAGE
蔵王でリフト停止 (12月31日)

コメント
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):