本日 2558 人 - 昨日 3171 人 - 累計 3988953 人
  • 記事検索

RSS

黒姫山バックカントリー外国人重体

 長野県信濃町の黒姫山で、バックカントリースキーをしていた外国人男性が重体となっています。

 1月23日、信州の北信五岳の一つで信州百名山の「黒姫山」(くろひめやま)(標高2053m)で、バックカントリースキーをしていた30代のデンマーク人男性が意識不明の状態で発見され、長野県警のヘリで救助され病院に搬送された。

 男性は、13人パーティーで入山し、山頂から下った付近で倒れているところを仲間に発見されたという。 

 詳細な事実関係は不明の模様。

 今シーズンも外国人のバックカントリーでの遭難事故が目立ってきました。当初は雪不足で入山を控えていたとみられるが、このところの雪でバックカントリーも滑り頃となったと思われる。


コメント
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):