本日 313 人 - 昨日 2551 人 - 累計 4056007 人
  • 記事検索

RSS

ブルートゥースで位置情報共有

 ヤマップは、スマートフォンの「ブルートゥース」を活用し、登山者同士が位置情報を共有するサービスを始めるようです。

 ヤマップは、スマホの「ブルートゥース」機能を活用し、登山者同士が位置情報を交換すれば、通信エリアに入ったときにネット上にデータを自動送信し、家族などが登山者の位置を確認できるシステムの導入を始めるという。

 このシステムは、2019年5月の導入を予定しているようだ。

 山岳遭難者の早期発見救助に繋がればいいのですが。。。・


コメント
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):