本日 280 人 - 昨日 3208 人 - 累計 2995319 人
  • 記事検索

RSS

全国GW期間中遭難165件187人

 今年、全国でゴールデンウィーク中に発生した山岳遭難件数は165件で、遭難者は187人となった。

 5月11日、警察庁が発表した今年のゴールデンウィーク期間中(4/28-5/6の9日間)に、全国で発生した山岳遭難の発生状況は、発生件数が165件、遭難者が187人だった。

 遭難者のうち、亡くなった方が13日、行方不明者8人、負傷者74人となっている。

 過去5年間の発生件数、遭難者ともほぼ横ばいであるが、死者は半数となっている。今年は、雪が少なく雪崩等による死者が少なかったことも幸いしているだろう。

★警察庁発表資料


関連記事
不明の二人見つからず (08月14日)
2015信州山岳遭難死者12増 (03月31日)
南ア赤石岳で白骨化した遺体見つかる (08月29日)
北海道救助の学生の死亡確認 (03月21日)
富士山救助落下の遺族敗訴 (12月08日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):