本日 1514 人 - 昨日 4593 人 - 累計 2757403 人
  • 記事検索

RSS

低温雪風の影響が出ています

 4日の長野県内の天気は、時折強い風が吹き、空模様もはっきりしません。北アルプス周辺は雪となっています。

 5月4日、信州の山岳は大荒れとなっているとこともあります。

 長野地方気象台午前11時発表の天気予報では、

 長野県内は曇りまたは晴れで、雨の降っている所がある。
 東シナ海の高気圧に覆われますが、気圧の谷や上空の寒気の影響を受ける見込みで、晴れ時々曇りで、昼過ぎまで雨や雷雨となる所があるとのことです。

 このため、北アルプスや中央アルプスでは荒天となっているようです。

 立山黒部アルペンルートの室堂では、午前7時半の天候が、氷点下6.5度風速5mで吹雪となっていて、高原バス(美女平~室堂)が終日運休となりました。
 長野県側の玄関口、扇沢駅でも雪となっています。

 北ア新穂高ロープウェイは、午前11時00分現在、緊急メンテナンスのため第2ロープウェイ(白樺平~西穂高口)の運行を見合わせております。

 山頂展望台では、氷点下1℃、風速1mで雪となっています。

 中ア駒ヶ岳ロープウェイは運行しているものの、千畳敷の午前5時の気温は氷点下6.8度で強風のため、千畳敷スキー場のティーバーリフトは運休となっています。

 昼以降に天候は回復すると思われますが、今後の天気予報にご注意ください。 


関連記事
全県で降雨 (03月08日)
消防学校初任科58期生卒業 (09月30日)
長野県地域防災計画の修正へ (12月21日)
哀悼 東日本大震災犠牲者へ (03月11日)
長野県北部大雪警報発表 (01月02日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):