本日 308 人 - 昨日 2378 人 - 累計 1886752 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

八ヶ岳麦草峠に遭難者と思われる男性発見

 八ヶ岳の登山口がある麦草峠で、心肺停止状態で倒れている男性が見つかった。身元は分かっていない。

 1月27日、長野県佐久穂町の麦草峠(標高2,100m)付近の木道で、心肺停止の状態で倒れている男性を、近くの山小屋の従業員が見つけ警察に通報した。

 その後男性は警察に収容されたが、男性はザックを背負った状態で倒れていたことから遭難者ではないかという。
 身元は分かっていないが、中年とみられる。

 麦草峠は、国道299号の通称メルヘン街道に面しているが、現在は冬期閉鎖中で通行はできない。

 北八ヶ岳の茶臼山と南八ヶ岳の天狗岳方面への登山口となっている。

 男性が、どのような行動をとって遭難したのか、今のところ分かっていない。


関連記事
クライミングウォールで転落重傷 (04月13日)
奥穂高で男女二人滑落 (05月05日)
信州7月の遭難44件7名死亡 (08月04日)
射殺された熊は四人を襲った熊か (06月13日)
立山で雪崩大学生死亡 (11月29日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
[1] 続報 | 2017/01/29 22:13
 男性は死亡が確認されました。身元は、千葉県在住の50代の公務員とわかりました。麦草ヒュッテに泊まる予定だったようです。
 ご冥福をお祈りします。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):