本日 2321 人 - 昨日 5260 人 - 累計 2913968 人
  • 記事検索

RSS

浅間山やや活発な状態

 浅間山の火山活動は、やや活発な状態で経過している。

 気象庁は1月13日、「浅間山 火山の状況に関する解説情報 第4号」を発表した。
 それによると、
 浅間山の火山活動は、やや活発な状態で経過しているという。

 噴煙は火口から200m以下で推移しているが、火山ガスの二酸化硫黄の放出量が多い状態で、火山性地震もやや多かったようだ。

 なお、噴火警戒レベルの引き上げはなく、レベル2のまま据え置きとなった。

 そうは言っても、注意が必要だろう。火口周辺規制を厳守のこと。


関連記事
長野県北部で震度5弱 (05月12日)
第35回長野県消防救助技術大会 (06月18日)
ココヘリ実績3件 (08月15日)
信州これから台風の影響 (09月17日)
本白根山のみ噴火警戒レベル2 (03月16日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):