本日 2113 人 - 昨日 4080 人 - 累計 2480630 人
  • 記事検索

RSS

自衛官富士山で遭難

 遭難が多発している富士山で、自衛官の男性が遭難し亡くなった。

 冬の富士山で遭難が止まらない。

 1月6日朝、富士山御殿場ルートの新6合目付近の登山道で、京都府の海上自衛官の31歳の男性が倒れているのが見つかった。

 男性は、登山中に滑落したと思われる。死因は頭蓋骨陥没など。

 男性のご冥福をお祈りします。

 富士山の冬期登山は、どうなるのでしょうか。これだけ滑落事故が多発しては、、。


関連記事
富士山初の死者 (07月26日)
奥穂ザイテンで遭難死亡事故今月三人目 (09月10日)
涸沢岳で女性滑落 (08月16日)
神奈川の山岳会メンバー西穂で滑落 (02月27日)
北ア明神岳で男性滑落 (09月19日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):