本日 254 人 - 昨日 3328 人 - 累計 3989977 人
  • 記事検索

RSS

台風10号本州上陸か

 台風10号が本州に上陸し、猛烈な雨が降り、猛烈な風が吹く恐れがあるらしい。

 長野地方気象台が発表(8月28日16時40分)して天気予報によると、

 
 大型で非常に強い台風第10号は、日本の南海上を北東に進んでいて、長野県内は、おおむね曇りで雨の降っている所がある。

 28日は、湿った空気の影響を受ける見込みで、曇りで、雨の降る所がある。

 29日は、台風第10号の北上や接近により湿った空気が流れ込む見込むため、北部と中部では、曇りで昼前から夕方は晴れるが、雨の降る所がある。
 南部では、曇り時々晴れで、朝晩雨の降る所がある。

 なお、29日は長野県では高温が予想されるため、熱中症など健康管理に注意が必要。

 以上は、長野県内の天気予報ですが、


 気象庁は、『平成28年 台風第10号に関する情報 第83号』を発表し注意を呼び掛けている。


◆大型で非常に強い台風第10号は、30日にかけて北日本から関東地方に接
近し、上陸するおそれがある。

 北日本と東日本では、局地的に猛烈な雨が降り、海上を中心に猛烈な風が吹き、海は猛烈なしけとなるでしょう。暴風や高波、低い土地の浸水、河川の増水やはん濫、土砂災害、高潮に厳重に警戒してください。


[台風の現況と予想]
 大型で非常に強い台風第10号は、28日15時には日本の南にあって、
1時間におよそ30キロの速さで北東へ進んでいます。中心の気圧は940
ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65
メートルで、中心の南東側150キロ以内と北西側110キロ以内では風速
25メートル以上の暴風となっています。

 台風第10号は、29日にかけて日本の南から日本の東を北東に進み、3
0日は次第に温帯低気圧の性質を帯びつつ、進路を北西に変えて、強い勢力
を保ち暴風域を伴ったまま北日本から関東地方に接近し、上陸するおそれが
あります。
 31日には、日本海に進むでしょう。


[防災事項]
<暴風・高波>
 東海地方や伊豆諸島、小笠原諸島、北日本では、29日にかけて風が強ま
り、関東地方や伊豆諸島、小笠原諸島では大しけとなる見込みです。

 29日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
  小笠原諸島      20メートル(30メートル)
  東海地方、伊豆諸島、東北地方、北海道地方
             18メートル(30メートル)

 29日にかけて予想される波の高さは、
  小笠原諸島      8メートル
  伊豆諸島       7メートル
  関東地方       6メートル  の見込みです。

 その後30日にかけて、北日本や関東地方を中心に非常に強い風が吹き、
海上を中心に猛烈な風が吹いて、海は猛烈なしけとなるおそれがあります。
暴風やうねりを伴った高波に厳重に警戒してください。


<大雨>
 東海地方や関東甲信地方、伊豆諸島、小笠原諸島では、30日にかけて激
しい雨が降り、局地的には非常に激しい雨の降るところがあるでしょう。
 29日18時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、
  東海地方             150ミリ
  関東甲信地方、北海道地方     100ミリ
  東北地方、伊豆諸島         80ミリ
  北陸地方              60ミリ

 30日18時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、
  北海道地方、東北地方、北陸地方、関東甲信地方、東海地方 
              100から200ミリの見込みです。

 30日は、北日本で非常に激しい雨が降り、局地的には猛烈な雨が降って
大雨となる見込みです。低い土地の浸水や河川の増水やはん濫、土砂災害に
厳重に警戒してください。

 また、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意してください。発達した積乱
雲の近づく兆しがある場合は、建物内に移動するなど、安全確保に努めてく
ださい。


 ※以下略。


 以上、8月28日16時54分気象庁発表

 
 こんな日は登山などする人はいないと思いますが、平地でも十分に注意しましょう。


コメント
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):