本日 1254 人 - 昨日 1892 人 - 累計 1823068 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

赤岳県界尾根で女性滑落

 八ヶ岳連峰赤岳で、県界尾根を下山中の女性が滑落し亡くなりました。

 信濃毎日新聞によると、

 8月8日午前7時頃、長野・山梨県境の八ヶ岳連峰赤岳の県界尾根にあるクサリ場で、静岡県の77歳の女性が約100m滑落した。

 女性は、長野県警のヘリで病院に運ばれたが、全身を強く打ち、約3時間後に多発性外傷で死亡が確認された。

 佐久警察署によると、女性は7日、6人パーティーで山梨県側から入山し、山小屋に宿泊し下山中だった。

 以上。

 
 信州山のグレーディングでは、赤岳県界尾根ルートは、難易度レベルが5段階で上から2番目のDに位置付けられる難コースである。


関連記事
北ア北穂高岳で女性死亡 (10月08日)
富士山滑落事故は広島工業大学の学生 (11月21日)
立山でスキー事故が相次ぐ (05月03日)
北アルプスで遭難相次ぐ (09月25日)
学習院大山岳部 無期限活動停止 (02月21日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):