本日 150 人 - 昨日 3171 人 - 累計 3986545 人
  • 記事検索

RSS

男性はどの山に登ったか不明

 北アルプスで男性が遭難している可能性があります。長野県の山に行くと言い残し不明に。

 北九州市の21歳の男性が、今月2日、友人に「長野県の山に行く」と伝え連絡が途絶えているようです。

 男性の家族が9日に警察に通報して分かったという。

 男性が乗っていたと思われる車は、岳都大町市内で発見されており、警察では遭難した可能性があるとみています。

 警察の調べで、男性の登山計画書は見つかっていないと言うから、大町を拠点とする山域全体が捜索対象となってしまう。
 
 登った山が特定できないとなると、捜索には相当の時間が要するかもしれません。
 何か、有力な情報が寄せられることを願いたいところです。

関連記事
NO IMAGE
八ヶ岳で不明男性死亡 (09月29日)
NO IMAGE
御嶽山で男性医師遭難 (06月30日)

コメント
[1] 武居 浩子 | 2016/06/11 02:37
遭難した男性の母です。平成28年5月4~5日の登山中に行方不明になりました。タクシーで北アルプスの高瀬ダム登山口に行き、裏銀座コース(烏帽子岳、真砂岳、水晶岳、三俣蓮華岳)から上高地方面に向かいました。自家用車はタクシー会社に置いたままになっており、5月16日にタクシー会社から通報がありました。3日は高瀬ダムより烏帽子小屋に登っており、4日5日に稜線歩きの時、誰かと出会っている可能性があるので、この連休に登山をされ、裏銀座コースを通った方で、一人で登山をしていた、上下黒色ヤッケ、赤いリュック、173cmの細身の若い男性に出会いませんでしたか?少しでも情報があれば、滑落した場所が特定できるかもと思っております。ぜひ、情報をお願いします。

北アルプスの高瀬ダム登山口から入山して、裏銀座コース(烏帽子岳、真砂岳、水晶岳、三俣蓮華岳)から上高地方面に向かいました。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):