本日 3727 人 - 昨日 3335 人 - 累計 2478164 人
  • 記事検索

RSS

雪崩の危険が非常に高くなっている

 昨日からの降雨と高温により、雪崩の危険が高まっています。

 2月14日7時に、本雪崩ネットワーク(JAN) が発表した情報によると、危険な雪崩のコンデションとなっているようです。

 白馬エリアの情報では、森林帯、森林限界、アルパインのいずれの標高帯においても、危険度は同じだろうと予測。

 危険な雪崩コンディション。
 降雨はとても強い刺激(融解と負荷)を積雪に与え、不安定化させます。
 浸透した水がクラストなどの硬い層で止まり、斜面方向に流れることで、これまで脆弱性をみせていなかった積雪中層から雪崩が発生します。

 積雪内での融解現象はしばらく続きますので、雨が止んだからといって安心はできません。斜面方位を問わず危険は存在します。

 また、すでにグライド・クラックが入っているところは、いつ落ちても不思議ではありませんので、近づかないように。

 温泉が楽しい日。


 以上


関連記事
降り過ぎです (01月15日)
50cmの噴石に耐えるシュエルターを (12月13日)
西日本は大雪厳重な警戒必要 (02月09日)
御嶽山の警戒区域変更 (11月19日)
春期における雪崩に関する注意事項 (04月05日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):