本日 228 人 - 昨日 2767 人 - 累計 1755039 人 サイトマップ

2014.01.18 中倉山(例会)

  1. HOME >
  2. 山行記録 >
  3. 2014.01.18 中倉山(例会)
画像(10:00)ヤマボクワイルドスノーパーク到着
駐車場が満車だったがなんとか駐車。昔から非圧雪が特徴のスキー場ですが、最近はBCブームで注目されています。スキースクールでスノーシューとポールをレンタルしていざ出発!(セットで1,500円はオトク!)

画像(10:05~10:15)リフトで一気にスキー場最上部1760m地点へ
ヤマボクは南志賀エリアの名峰・笠ケ岳の南斜面に広がるスキー場です。リフト正面に見えるピークは「小笠」というそうで、メインの「笠」はスキー場からは見えません。

画像(10:15)第3リフト終点から中倉山を見下ろす
中倉山登山口は県道66号線の途中で、冬はスキー場の中腹にあたります。登山口へはゲレンデを登っていくのが一般的ですが、スノーシュー体験が主だったためリフト終点から下っていきました。(これ地元メンバーが考えた裏ワザ!)

画像(10:26)タコチコース脇を進む
しばらく圧雪された雪道(県道沿い)を歩き出しました。右側の雪原は「タコチコース」というBC的ゲレンデで、山田温泉スキー場まで実に13kmの超ロングツアーコースのスタートエリアでもあります。

画像(10:30)さらに県道に沿ってくだる
無雪期の県道の狭さを知っている人には信じられない道幅の広さかもしれません。

画像(10:57)登山口到着
これぞルートファインディング!県道沿いを丹念に探していたらかろうじて標識が顔を出していました。ラッキーです!無雪期なら「県道73号カーブ」の看板が目印。そこをちょっと奥に入ったところです。

画像(11:00)登山開始
「ライダーハウス66」のご主人さんの話の通り、20cm位の新雪でまったくトレース跡なし。絶好のスノーシュー体験です。

画像(11:14)トップ交代
尾根に出ると雪庇ができ始めていました。

画像(11:25)ハーフ休憩
ちょうど中倉山の肩部分で休憩。筆者少々バテ気味です。

画像(11:40)急登開始
気合いを入れて直登開始。ところがさらさら新雪でシュノーシューごと足が流されてしまいます。ジグザグ歩行に変更です。(それでも流されやすい・・)

画像(12:00)ピークまじか
そろそろピークというあたりで大木が行く手を拒みます。

画像(12:05)ピーク到着
眺望は心配をよそに抜群!中倉山頂はちょうど東側の上信国境方面が開かれています。残念ながら西側の北信五岳方面はよく見えません。

画像(12:28)東側に上信国境の名峰
この写真は私が先日買ったOLMPUS WG-Ⅲ。その前の写真は相方の同WG-10。同じ条件下でなぜかはっきり違いますね。どちらが本当の色合いだったのでしょうか・・・。

画像(13:00)記念撮影して下山開始
景色を眺めながらランチを済ませ1時間のんびりして下山です。

画像(13:12)西側は視界不良‥‥
心残りだった西側の景色見たさに下山道から脇にそれるとこんなビューポイントがありました。ちょうど山頂の真下にトラバースした場所です。西側は朝から視界不良のまま。飯綱山麓がやっと見える程度でした。

画像(13:21)噴火の枯れ木?
山頂付近には枯れ木の大木が見られます。これだけ固まっているのはただの枯れ木じゃない。さすがに白根山エリア、いつぞやの噴火の影響でしょうか???それにしてもこの辺は木立の合間の踏み抜きに注意です。

画像(13:24)急坂を直降下
登山道に戻り、改めて下山開始。登山時のジグザグトレースを無視してひたすらまっすぐ下山していきました。

画像(13:39)登山口に到着
あっという間の下山でした。正味30分くらい?です。

画像(13:57)ゲレンデを下る
帰りは再び県道沿いを下っていきます。でもかったるいので途中からゲレンデ横切らせていただきました(もちろんスノーシューで)。途中でスノーシューの単独男性と遭遇。なんとスキー場の社長でした。

画像(14:15)ゲレンデ下に到着
食堂でホットミルクで休みながら、村の遭対協のおじさんと周りの山の話を聞きました。この中倉山が唯一の完全に村内の山だそうで、もうちょっと村外の人に広めたいとのこと。当会もこのHPでお力になります!?