本日 140 人 - 昨日 2329 人 - 累計 1973260 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

御嶽山の捜索で1人の遺体見つかる

 御嶽山噴火災害で行方不明となっている6人の捜索で、今日、1人の遺体が発見されました。

 信越放送などによると、

 7月29日に捜索が再開され、実質今日(7/31)が2日目です。
 今日は、早朝に火山性地震が起きたため、予定より4時間遅れての捜索となった。

 岐阜県側で捜索を行っていた岐阜県の捜索隊が、午後0時20分過ぎ、山頂付近の一の池付近で1人の遺体を発見したという。

 遺体は、長野県の消防防災ヘリ「アルプス」で五合目まで降ろされ、長野県警の木曽警察署に運び込まれました。
 今後、身元の確認作業が行われる予定。


 遺体が発見された場所は、今回の再捜索で重点エリアとされた範囲の中だったという。
 発見時の詳しい状況などはまだわかっていないという。

 
 捜索再開で初めて遺体が見つかりました。明日以降も成果があがることを願いたい。


 火山性地震は、午前4時台と5時台に合わせて9回観測され、規模も昨年の噴火以来のものだったというが、午前6時以降地震はなく、気象庁と専門家は入山に問題ないと判断した模様。


 長野県隊の入山は、午前11時前に自衛隊のヘリコプターで入山しましたが、下山時は天候が悪化し、ヘリが飛べなかったため隊員は徒歩で田の原まで下山した。

 本当にお疲れ様です。


関連記事
北ア常念岳で男性滑落 (05月11日)
自分の足に石を落とし重傷 (06月03日)
登山中黒部ダム湖に転落死亡 (10月10日)
八ヶ岳滑落男性無事救助 (12月17日)
北ア山岳遭難多発 (08月05日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):