本日 1508 人 - 昨日 2665 人 - 累計 3369117 人
  • 記事検索

RSS

白馬鑓で男性が滑落

 北アルプス白馬鑓ヶ岳で男性が滑落し亡くなりました。

 信越放送によると、

 本日(7/31)、北アルプスの白馬鑓ヶ岳で埼玉県の男性が滑落して死亡しました。
 
 亡くなったの埼玉県鶴ヶ島市の60歳の会社員の男性です。

 男性は、今日午後1時頃、標高2100m付近の白馬鑓温泉に向かう登山道から滑落し、近くにいた別の登山者が警察に通報したという。

 富山県の防災ヘリコプターで富山市内の病院に運ばれ、その後、死亡が確認された模様。


 本来管轄は長野県ですが、ご存知とおり、御嶽山行方不明者の再捜索に長野県の消防防災ヘリ「アルプス」は出動しているため、富山県に応援要請した模様。

 しばらくの間、長野県内の警察や消防の救助関係者は、御嶽山に捜索に関わることになります。
 ヘリコプターの救助もバッティングしてしまうかもしれません。

 信州の山へ登山する人は、そのつもりで慎重に行動してほしい。また、御嶽山の捜索が順調に進むよう協力してほしいものです。


関連記事
猛暑で遭難3倍 (07月28日)
七倉岳で男性滑落 (08月06日)
八ヶ岳麦草峠に遭難者と思われる男性発見 (01月28日)
長野旭山で中学生滑落 (04月25日)
日光公園内で不明男性の遺体 (11月24日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):