本日 299 人 - 昨日 2475 人 - 累計 2216225 人
  • 記事検索

RSS

御嶽山行方不明者 今日捜索再開

IMGP1170 本日(7/29)、昨年9月の噴火災害で行方不明となっている6人の捜索が再開される。

 御嶽山噴火災害では57名の死亡が確認され、6名が行方不明となっています。昨年、降雪などにより、捜索を中断していたがいよいよ捜索が再開される。

 これまで長野県は、2度にわたる調査隊や先遣隊を山頂付近に派遣し、再捜索に備えてきた。
 警察は金属探知機やドローンを購入し装備の充実を図る一方、生存者の証言や画像の分析をして行方不明者がいると思われる場所をかなり絞り込んできたと言われている。

 消防も登山用の装備の充実や火山ガスの測定器などを備え、捜索に備えてきているようだ。

 捜索は、今日から概ね10日間を目安にしているようだが、早い時期に発見できるのではとの見方もある。

 消防や警察の部隊は、昨日、木曽へ入りそれぞれ結隊式を行っている。

 今日は午前5時50分から、長野県の阿部知事の激励を受けた後、自衛隊のへりで山頂へ向かうことになっている。

 少しでも早く不明者が発見され、今回の捜索活動が無事終了することを祈願したい。


関連記事
休憩中に食べ物を詰まらせ救助要請 (08月03日)
消防ヘリ殉職者合同追悼式が行われました (05月31日)
空木岳避難小屋に遺体 (06月06日)
積丹岳遭難事故裁判を追う (01月12日)
白馬乗鞍バックカントリーで行動不能 (04月26日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):