本日 213 人 - 昨日 1872 人 - 累計 1820135 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

2015長野県消防ポンプ操法大会見どころ

画像 7月26日(日)は、第57回長野県消防ポンプ操法大会・第24回長野県消防ラッパ吹奏大会が諏訪市で行われる。

 長野県内各地区の予選を勝ち抜いた消防団が、ポンプ車操法、小型ポンプ操法及びラッパ吹奏で日頃の訓練の成果を競う大会。

 ポンプ車操法には12消防団が出場する。
 県大会を連覇し、全国大会準優勝となった強豪富士見町消防団が今回は出場しない。諏訪地区大会で6市町村中4位となり地区大会で敗退している。
 
 諏訪地区大会で何が起きたのでしょうか。指揮者と2番員は個人最優秀賞を受賞している。
 2番員は一番長い距離を走り、1線2線のホース延長に関わり減点の多いところだが、最優秀賞をとっているのに不思議だ。
 これはあくまでも想像ですが、第2線延長か吸管操作、又はポンプ操作などで何か重大なミスをしてしまったのか。(ご存知の方は情報提供を)

 強豪の富士見町が出場しないということで、混戦になることも予想されるが、昨年準優勝の松川町、三位の辰野町に上田市がからむ展開となるだろう。


 小型ポンプ操法は13消防団が出場する。
 連覇を狙う上田市消防団を軸に優勝争いが繰り広げられるだろう。上田市消防団の実力は全国レベル。
 その練習の厳しさでも有名である。
 上田市の連覇は固いかもしれない。


 ラッパ吹奏は13消防団が出場する。
 優勝回数最多を誇る須坂市消防団が今年は出場しない年(須高地区は持ち回り制)のため、昨年、須坂市の連覇を阻んだ辰野町の連覇が有力だ。ラッパ吹奏は一朝一夕には実力が上がるものではないためだ。

 辰野町は、ポンプとラッパのアベック優勝が現実味を帯びる。


 各消防団とも本大会に至るまでの間、昼夜を分かたず訓練に明け暮れてきたわけです。
 大会ではその成果を遺憾なく発揮し、満足できる競技をしてほしい。

 伝統ある信州の消防団の実力を維持するためにも、本大会が成功裏に終わることを願います。


 大会の開催概要は次のとおり。

【日  時】平成27年7月26日(日) 午前8時10分から午後1時50分まで
【会  場】諏訪市 諏訪中央公園 スポーツ広場・諏訪湖スタジアム
【日  程】
 8:10 開会式
  9:00 ポンプ操法・小型ポンプ操法 競技開始
  9:15 ラッパ吹奏 競技開始
 12:10 女性消防団員によるポンプ操法
 12:25 他県の消防団とのラッパ隊広域交流会
    (群馬県中之条町、岐阜県中津川市が出場) 


関連記事
ゲリラ豪雪で動けず (02月15日)
長野県北部で震度6弱 (11月22日)
消防学校初任科58期生卒業 (09月30日)
長野県北部まとまった雪 (12月30日)
長野県内暴風警報 (04月17日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):