本日 684 人 - 昨日 3196 人 - 累計 2489234 人
  • 記事検索

RSS

登山中に二人が急性心不全に

 新潟県の平標山で登山中の男性二人が相次いで急性心不全で亡くなる。

 読売新聞によると、

 7月4日、新潟県湯沢町三国の平標山(たいらっぴょうやま)(標高1,984m)で、登山中の男性2人が心肺停止状態になった遭難事故で、2人は5日朝、搬送先の病院で死亡が確認された。

 死因はいずれも急性心不全だった。

 岐阜県警南魚沼署の発表によると、亡くなったのは、いずれも福島県喜多方市の会社員の64歳男性、61歳の男性。

 4日朝から、友人の50歳代女性も含めて3人で、それぞれのペースで登山していた。

 遅れて登っていた61歳の男性が標高1,800m付近で倒れ、64歳の男性は連絡を受けて救命活動に加わったが、途中で意識を失ったという。


 平標山は、新潟県のグレーディングで、難易度は軽い方から二番目の「B」で、日帰り可能な山となっている。それほど、きつい山ではなさそうだが、、。

 山岳における三大死因の一つが心疾患と言われていますが、同行者の救護中に心不全になると言ういたたまれない事故が起きてしまいました。

 友人を助けようと一生懸命に行動したのでしょうか。持病でもあったのでしょうか。本当に残念な死亡事故です。

 故人のご冥福を心からお祈りします。


関連記事
高知でまた遭難 (02月17日)
鎌倉山で高齢男性3名遭難 (11月29日)
上越妙高山で男性遭難か (04月26日)
御巣鷹山で日航職員滑落 (07月23日)
求む情報提供!北アで不明男性 (06月11日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):