本日 1155 人 - 昨日 4530 人 - 累計 2766373 人
  • 記事検索

RSS

ああ無情の紫陽花

DSC_4234 梅雨に紫陽花は似合います。うっとうしい梅雨に、濡れてなお美しい紫陽花は唯一心を和ませてくれるものですね。

 紫陽花の花言葉は、

 花の色が咲き始めてからだんだん変化することから「移り気」

 紫陽花の色の印象から「冷淡」

 花が長く咲いていることから「辛抱強さ」などの花言葉がありますが、

 梅雨とはいえ、週末のたびに雨やくもりのため、「無情」という花言葉が皆さんの心境にピッタリではないでしょうか。

 中国医学では、気品のある紫は、肝に影響し、身体の疲れや目の疲れをとってくれるというから、精々、揚々と咲く紫陽花をしっかり鑑賞しましょう。

 そう言えば、リンドウの花も紫ですね。


関連記事
三月下旬の陽気 (02月28日)
いよいよ冬型 冬支度は (12月02日)
蝋梅(ろうばい)咲く (01月22日)
最低気温を更新 (01月25日)
信州「山田温泉」も冬景色 (12月06日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):