本日 236 人 - 昨日 2309 人 - 累計 2052906 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

奥穂高岳で男性の遺体 滑落か

 6月28日、北アルプスの奥穂高岳で男性が倒れており、その後死亡が確認されました。

 長野県警や信越放送などによると、

 昨日午前9時頃、北アルプスの奥穂高岳のザイテングラート取付点の南側斜面で、兵庫県明石市の公務員の49歳の男性が倒れているのを登山者が見つけた。

 男性は、標高2700m付近の雪渓のすぐ下に倒れていたことから、警察では滑落したものとみている。

 死因は、上部頸随損傷だったという。


 男性は、前日に上高地から単独で入山し、28日に下山する予定だった。


関連記事
鳥甲山の山スキーで遭難 (03月12日)
小蓮華山ボーダー雪崩にのまれる (01月20日)
六甲山大学生滑落死 (01月01日)
白馬五竜スキー場リフトから転落 (03月21日)
荒船山で母子遭難か (09月28日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):