本日 1479 人 - 昨日 1999 人 - 累計 1881793 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

山ノ内町でもタケノコ狩り遭難発生

 志賀高原のある長野県山ノ内町で、タケノコ狩りのため入山した男性が遭難した。

 信越放送などによると、

 昨日(6/26)、中野市の71歳男性が、ネマガリダケを採りのため、山ノ内町平穏の山に入り行方不明となり、同行していた友人が届け出た。

 警察と地元の遭対協が、今朝から捜索していたところ、男性は隣の高山村側へ自力で下山したという。

 山ノ内町は、今年から一般のタケノコ狩りの入山を条件付きで認めている。その最初に年にいきなり遭難が発生してしまった。

 以前も、山ノ内町ではタケノコ狩りの遭難が多数発生し死者も出ている。とても迷いやすい場所が多いので注意が必要である。


関連記事
恵庭岳に行った妻帰らず (07月18日)
NZ遭難1カ月山小屋で保護 (08月28日)
黒姫山で遭難三日後に下山 (05月16日)
涸沢岳で滑落の男性は心肺停止 (05月01日)
槍ヶ岳で高齢男性救助 (07月15日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):