本日 2104 人 - 昨日 3326 人 - 累計 2993935 人
  • 記事検索

RSS

御嶽山の入山規制緩和

IMGP2571 御嶽山の入山規制が相次いで緩和される。来月は八合目まで

 今年3月31日、気象庁は噴火警戒レベル3に据え置いたまま、警戒が必要な区域を3km圏内から2km圏内に緩和していたが、登山口のある木曽町や王滝村では実質的な緩和はされていない。

 6月6日に御岳ロープウェイが運行を開始し、火口から3km付近の飯盛高原駅まで簡単に行けるようになったことから、今後は登山者が増える可能性がある。

 木曽町側の登山道は、黒沢口が七合目の行場山荘手前まで、及び不易の滝の油木美林入口まで入山でき、開田口は登山道入口より入山禁止となっている。

 7月1日(水)からは、八合目の女人堂まで規制を解除し入山可能となるようだ。


 王滝村川の登山道は、現在、登山道に残雪があるため、田の原「大黒天」で入山規制となっている。
 登山道の融雪後は、「田の原遥拝所」で入山できる見通しとなっている。

 
 岐阜県側は、下呂市で6月7日に山開きが行われ、入山規制を小坂登山口から約700m入った、仙人橋の登山口側に移行した。
 
 7月1日を目途に、小坂登山口から2km規制ラインまでの立入りが可能となる見込み。
 

 長野県側の開山式は、7月1日に木曽町と王滝村で合同で行われる予定。

 入山の際には、しっかりと情報収集して、ヘルメットなど装備を整え入山のこと。
 
 なお、許可なく規制区域内に立ち入ると、災害対策基本法により罰せられることがある。絶対に規制を守ること、厳禁です。


 ※写真は、王滝村田ノ原口より。3/28撮影。


関連記事
高谷池ヒュッテ前積雪40センチ!? (10月29日)
富士登山競争でヘルメット着用? (11月14日)
10月は平年より晴れの日が多い (10月02日)
第16回全日本山岳スキー競技大会 (01月31日)
八ヶ岳開山祭天候に恵まれる (06月05日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):