本日 1966 人 - 昨日 3326 人 - 累計 2993797 人
  • 記事検索

RSS

赤岳と奥穂で男性滑落

 昨日(5/31)、八ヶ岳連峰の赤岳で男性が滑落し亡くなった。また、北アルプスの奥穂高岳でも男性が滑落し亡くなっている。

 信濃毎日新聞によると

 赤岳で亡くなったのは、名古屋市の64歳の弁護士の渥美裕資さんで、仲間二人で前日から入山し山小屋に泊まり、朝、山頂から権現岳を目指していて山頂付近で二百メートル、山梨県側へ滑落した模様。

 渥美さんは、モンブラン、ユングフラウ、北岳バットレス、雪の阿弥陀南稜などの登山経験もあり、マラソンも趣味でフルマラソンのベストが3時間33分36秒というスポーツマン。
 愛知県弁護士会副会長も務めた有能な弁護士。


 奥穂高岳の男性は、別の登山者により、ザイテングラードのカラサワ側起点南東で、倒れている男性が発見されたもので、身元や状況が分かっていない。


 故人のご冥福をお祈りします。


関連記事
八ヶ岳連峰の北横岳で男性死亡 (02月25日)
連休最終日遭難相次ぐ (07月17日)
八方尾根スキー場米国人不明 (02月21日)
北ア槍で男性遭難か (09月26日)
瑞牆山で転落重体 (05月31日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):