本日 2002 人 - 昨日 4120 人 - 累計 2775775 人
  • 記事検索

RSS

焼山入山登山届義務化 明日から

 新潟県の焼山への入山の際の登山届提出が明日(6月1日)より義務化です。

 明日、6月1日より、「新潟焼山における火山災害による遭難の防止に関する条例」が施行されます。

 これにより焼山の半径2キロ以内に立ち入るには、登山届が義務となる。

 山に入る理由は、登山に限らず、山菜採り、川釣りなどすべてが対象だと言う。


 届出様式は問わないが、次の事項を記載し届け出ること。
 グループの場合、行程などが同じであれば、一括記載した届出もOKとのこと。(新潟県に確認済み)

 ・登山者の住所、氏名、性別及び年齢
 ・登山の期間及び行程
 ・登山の際に携帯する装備品、飲料水及び食料の内容
 ・登山中に連絡の取れる携帯電話、無線その他連絡手段
 ・自宅など緊急時における連絡先



 届け出先は、次の場所だ

 新潟県防災企画課(持参、郵送、ファックス、電子メール)
 〒950-8570
 新潟県中央区新光町4-1
 電話 025-282-1605
 FAX 025-282-1607
 e-mail  ngt130010@pref.niigata.lg.jp

 持参の場合は、糸魚川地域振興局企画振興部、上越地域振興局企画振興部(平日8:30~17:15)でも受付けるという。

 また、新潟県警察本部地域課、新潟県内の各警察署へ提出(経由)も可能。

 当然、糸魚川市内、妙高市内の新潟焼山への登山口などに設置してある登山届提出用ポストへの投函出も良い。

 さらに、日本山岳ガイド協会の「コンパス」への登録も提出したものと見なされる。



 条例に定められた登山者の責務は他にもある。

①新潟焼山の特性を把握した上で綿密な登山計画を策定し、当該計画に基づいた装備品等を携帯すること。

②新潟焼山の火山現象に関する情報について、内容を十分に理解し登山すること。

③登山することを、家族、知人その他の関係者に伝えた上で登山すること。

④新潟焼山に登山している間、火山現象の変化の把握に努め、変化に応じて安全に行動すること。

 当然と言えば当然ですが、自分の命を守ることですから、、。


関連記事
高齢のベテランはリスク高い登山 (04月10日)
融雪・なだれ注意報発令中 信州 (02月13日)
白馬鑓温泉営業縮小 (06月28日)
美女平の遊歩道の規制解除 (06月21日)
「西駒山荘」のオープンは (04月30日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):