本日 1990 人 - 昨日 2271 人 - 累計 1826075 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

浅間山バカ尾根を行く

画像 浅間山のバカ尾根を登り、第一外輪山鋸岳へ登ってきました。
 活火山浅間山警戒レベル1、本日、異常なし。

 浅間山(本峰は立入禁止)又はその周辺の外輪山に登るルートは、車坂峠からの表ルート(中、裏もある)、天狗温泉からの火山館ルートが主流だ。

 「浅間高原シャクナゲ園」から登る「バカ尾根ルート」は、バカしか登らないという者もいるが私は登った。
 
画像 登山口の「浅間高原シャクナゲ園」にたどり着くことが最初の難関。というのも、山麓にあるため、広大なキャベツ畑の農道をあっちに行ったりこっちに行ったり。

 山で迷う前に道に迷っていたら仕方ない。
 交差点の小さな目立たない看板を見落とさないことだ。
 花のピークが過ぎたのか、午前10時で駐車は10台ほどと少ない。

 
画像 シャクナゲ園では、あずまシャクナゲは既に散り、屋久島シャクナゲ、レンゲつつじ、コマクサが見頃とのことだが、その辺はあまり気にならず。目的はあの頂だ。
 
 イワカガミは、ルート上の至る所で満開となっている。
 
 入山前に環境協力金300円を支払って入園、そして上を目指す。

 
画像 園内は、噴火に備えた避難施設が二か所と放送設備が設置されている。

 園を抜け、「かもしかハイキングコース」を歩いて尾根山頂へ向かう。約45分で尾根山頂(カモシカコースの尾根のようだ)に着く。
 ここから歩くこと25分で樹林帯を抜け、鋸岳真北のバカ尾根下部に出る。

 
画像 尾根下のケルンから、鋸岳を目指してほぼ直登(真南へ)する。樹林帯を抜けた尾根歩きは気持ちの良い眺望だ。
 四阿山方向からの風は、山腹を駆け上がり心地よい、そしてフォローの風だ。

 登山口から鋸岳までは標高差約760m、水平距離約2,100m、平均斜度約20度、結構な急登だ。
 よく見れば踏み跡はあるが、目標の頂は常に視界に入っているから間違いはない。

画像 火山灰の積もった尾根は踏ん張りが利かず、蟻地獄のような場所もある。

 高木がなく広々している尾根は、ガスが出れば、下山ルートを見失いやすい。樹林帯の入口を見つけるのがポイントとなるだろう。

 浅間山に雲がかかり、ちょっと怪しい雲行き。念のため持参した赤テープ(1から順番に番号が書いてある)でマーキングし上を目指す。(常にテープは携行している)

画像 尾根下のケルンから40分で、第一外輪山最北端かつ最東端で火口に一番近い(2km圏内)の鋸岳(標高2,254m)に着く。 

画像 鋸岳には標識もケルンも何もない。実際のところどこが山頂かはっきりしないが、Jバンドより北にあることは間違いない。Jバンドより北にあるピークが鋸岳と思っていいだろう。(写真はJバンドから見た鋸岳)

画像 さらに南下し、Jバンド、そして「虎の尾」のピークで折り返す。(写真は虎の尾の登り)
 一帯で10名ほどの登山者とすれ違う。

 静岡から来たと言う単独女性は、Jバンドを登りきって小休止。このあと黒斑山まで縦走し車坂峠へ下山すると言うのだが、Jバンドから仙人岳への登り(このルート一番の岩場)を見て、「これはどこまで続くのか」とお疲れの様子。あと三時間半はかかるよ大丈夫なの。

画像 Jバンドを今日は下りませんが、上部の岩は完全にヒビが入っていつ落ちてもおかしくない状態。こんな大岩が落ちたらヘルメットも効果ないだろう。
 ここを通過する際は、運を天に任せるだけ

 浅間山の西麓の登山道から前掛山にも多数の登山者が見えた。
噴火の教訓を生かしてのことか、ヘルメット持参者が増えたようで良いことだ。

 
画像 下りは、自分が付けたテープを回収しながら尾根下のケルンへ。ほぼ真北へ下る。
 ケルンからは、樹林帯入口の目印となる赤テープ二本(ほぼ同じ場所の木二本にテープがある)を見つけること。

 その下に小さなケルンがあり、やや西に目をやると黄色いテープが目につく。その先に獣道のような登山道を見つければ、あとは道なりにシャクナゲ園の一本道。

画像 「山と高原地図」にないルートは、やはり登山者も少ないようだ。本日、このルート上での人影なし。
 
 ルートの目印も、色のあせた古いテープとペンキ、そしてケルンが役に立つ。地図、コンパス、テープは必携だろう。

 先週三連荘の飲み会のアルコールとカロリーを少しは放出できただろうか。いい汗かきました。


関連記事
妙高戸隠連山国立公園に火打山あり (09月07日)
中倉山に登ってきました (01月19日)
志賀高原寺小屋峰で滑る (02月29日)
烏帽子岳から湯ノ丸山を縦走 (06月15日)
山頂は城跡 女神岳 (05月11日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):