本日 230 人 - 昨日 2309 人 - 累計 2052900 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

北アでイスラエル人夫婦遭難騒ぎ

 イスラエル国籍の夫婦がピッケル、アイゼンなしで北アに入山し救助要請。

 信越放送によると、

 北アルプスを軽装で登っていたイスラエル国籍の夫婦が雪で動けなくなり、長野県警のヘリコプターで救助される騒ぎがあったという。

 救助されたのは、イスラエル国籍の大学生で25歳の夫と23歳の妻。

 二人は、25日に上高地から入山、昨日(5/27)、大天井岳に向かう途中の登山道で残雪のため進めなくなり、イスラエルにいる親を通じて近くの山小屋に救助を求めた。

 夫婦は、ピッケルもアイゼンも持たない軽装で、3,000m級の山を登っていたということで、警察は強く注意したようだ。

 二人は新婚旅行中だったという。

 日本のアルプスをなめてもらったら困ります。外国人の登山者も増えている現状があります。
 外国人登山者に対する安全確保についても、対策が必要となっています。


関連記事
八ヶ岳連峰で道迷い滑落遭難 (06月30日)
鳥海山で遺体発見 (09月03日)
剱で昨年遭難の男性見つかる (10月07日)
中ア空木岳で男性滑落 (03月21日)
警察へりは救急車ではない (07月15日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):