本日 229 人 - 昨日 2309 人 - 累計 2052899 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

雨飾山西側の尾根に亀裂多数

 日本百名山「雨飾山」の登山ルートの尾根に、昨年の長野県北部地震によって出来たと思われる亀裂が多数見つかったという。

 信濃毎日新聞によると、

 長野県小谷村と新潟県糸魚川市に跨る「雨飾山」(標高1963m)の西側の尾根上に、数百メートルにわたり亀裂が多数見つかったという。

 亀裂は、今月6日に登山した住民が見つけた。

 大きい亀裂は長さ10m、深さ1m、幅50cmあるという。
 住民によると「すぐに崩れる危険性は感じなかったが、雪解け水や梅雨の雨でどうなるか分からない。」とのこと。

 この亀裂は、大網登山口から登る山頂西側の尾根にあるため、7月に予定していたこの尾根を登る山開き登山は中止となった。

 主要ルートの「小谷温泉登山口」、「金山登山口」も今後調査する予定とのこと。
 この他、糸魚川市の雨飾温泉からのルートがある。


 日本百名山の一つ、特に紅葉が美しいことで有名な山。早く安全が確認されることを願いたい。


関連記事
長野県冬山情報発表 (12月21日)
黒湯山で春スキー (05月01日)
北ア南部地区遭対協60周年 (01月28日)
登山家田部井淳子さん逝く (10月23日)
小串鉱山企画展「永遠なる小串」 (10月08日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):