本日 605 人 - 昨日 2359 人 - 累計 2048694 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

ぶらり山歩は「笠岳」

IMGP4108 ちょっと暇をもてあましたので、ぶらり山歩(さんぽ)で笠岳に!

 二日連続で天気がいいのに、里で農作業ではつまらない、ということで自宅から一番近い2000m峰の「笠岳」へ。

 正式名称は「笠ヶ岳」ですが、北アにある百名山とは別の山。
 地元では「笠岳」(かさだけ)と呼ぶ人が多い。

山頂北 本来の登山口は山麓の山田牧場にあるが、車で峠の茶屋まで行けば、山頂までコースタイム30分となる。(麓から歩けば+100分)(写真は山頂北側)
 


階段 登山道は、土止めと木段でかなり整備されているが、小幅が合わなかったり、段差が高かったりで、走るようには登れない。距離は短いが急登である。

 
残雪 山頂直下の北側に回り込むと、まだ残雪があるがアイゼンは不要。ただし、ちょっと崖道なので要注意。

 コースレコードの22分で山頂へ到着。
 家を出てから45分で山頂にたてるなんて幸せなことだ。

山頂南 山頂はを一時独占し眺望を満喫。(写真は山頂南より笠岳神社祠)
 北から東、そして南側は眺望抜群で、北信濃の山々、浅間山、四阿山がはっきり確認できる。
 残念ながら、アルプスは霞の中でした。

 大岩のでっぱりで、お決まりのコーヒーブレイク。今日はのんびり2杯を飲み干し下山。

 先週、冬期閉鎖となっていた県道が開通し最初の日曜日(5/24)、登山客はいるのかなと思いきや、10名の皆様とご挨拶。
 

 まもなくこの一帯は、山菜の「根曲り竹」狩りで大勢の人が訪れる。今年の生育はどうなのか気になるところ。

 昨年、村内で1名の方が行方不明となり未だに発見されていない。こちらも十分に注意してほしいもの。

 牧草が茂ると放牧も始まる。
 夏は高原の風にあたり、のんびり過ごす時間もいいもの。



 笠岳からの眺望は以下のとおり、クリックする拡大となる
志賀山横手志賀山


関連記事
四阿山・根子岳縦走 (08月31日)
残雪期の黒湯山に登頂 (05月04日)
晩秋の信越トレイルへ歩き出す (10月26日)
動画:千畳敷から八丁坂を登る (02月20日)
紅葉が始まる雨飾山へ (09月25日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):