本日 67 人 - 昨日 3208 人 - 累計 2995106 人
  • 記事検索

RSS

トーミの頭から下山中に遭難?

nagame 黒斑山の表コースで、道迷い遭難が発生した。

 浅間連峰の黒斑山(標高2,404m)は、浅間山第一外輪山の最南端の山。

 浅間山の眺望が素晴らしことから、ほぼ一年を通じて登山客が訪れる山だ。

 ルートは、車坂峠からの表コースが一般的で、ピストンなら往復2時間半で歩ける。(2014.05.17浅間山第一外輪山参照)

kashira 黒斑山手前20分ほどに、トーミの頭という長めのいい岩山がある。(写真は賽の河原より撮影)(名前の由来はこちらを参照のこと「トーミの頭」と「Jバンド」


 5月15日午後2時前、単独で入山した58歳男性が、トーミの頭から表コースで下山中に道に迷い救助を要請、長野県警ヘリで救助された。
 男性に怪我はなかった。

tomi トーミの頭から車坂峠は、踏み跡もしっかりしている上、登山道も整備されている。(写真はトーミ直下の下り)
 周りには目印になる山がいくつかあり、当日は天気は良かった。

gara このルートで道迷い遭難という話はあまり聞いたことがない。
 救助要請も十分に明るい時間帯。
 昼過ぎになぜ迷ったのか、熊にでも追われ方向を見失ったのだろう。(写真はガラ場だが、霧が出てもルートを見失うような場所ではない)

 単独で入山するからには、それなりの準備と経験もあったはず。本当に不可解な遭難だ。

 そもそも「遭難」の定義は何だろう。
 警察は、救助要請の110番通報があれば、遭難として取り扱うだろうが、こういうケースは扱いも難しいものだ。

snow 残雪期は夏道は出ていないが踏み跡はしっかりしている。


関連記事
高山村ネマガリダケで高齢男性2人遭難 (06月23日)
死因は溺死だった (10月17日)
キノコ採り男性滑落 (09月24日)
29年信州山岳遭難292件+20件 (02月24日)
飯綱山で高齢男性病死か (06月29日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):