本日 4107 人 - 昨日 6277 人 - 累計 2600910 人
  • 記事検索

RSS

山グレーディング山梨・静岡・新潟も

IMGP7079 信州で始まった山のグレーディングが、山梨県、静岡県、新潟県でも策定された。

 「信州 山のグレーディング」は、長野県が平成26年6月27日に公表していたが、今回、山梨県、静岡県、新潟県も同一基準によるグレーディングを策定したと発表があった。(「信州 山のグレ―ディング」を発表を参照)


 長野県と中央四県サミットを組む山梨県、静岡県、新潟県は、山のグレーディングの共通基準で合意し、それぞれ策定を進めていた。【四県共通のグレーディング基準】

 山梨県は「山梨百名山」を対象にした123ルート、新潟県は「新潟百名山」を対象にした79ルート、静岡県は富士山をはじめとする主要な82ルートを地域の山岳関係者及び市町村と協議し選定したルートについて策定した。

 長野県は、これら三県以外の隣県(岐阜県、富山県、群馬県と思われる)にもこの取組みへの参加を働きかけているという。

 山の表と裏で、基準が異ならないように同一基準で策定されることが求められるだろう。

 またいずれの県においても、コンパス(登山届受理システム)の情報提供について、日本山岳ガイド協会と協定を結んでいる。


★山梨県のグレーディングはこちら【山梨県 グレーディング】

★静岡県のグレーディングはこちら【静岡県 グレーディング】

★新潟県のグレーディングはこちら【新潟県 グレーディング】


 ※写真は南アルプスの小仙丈ヶ岳付近


関連記事
長野県消防ヘリ購入費用30億円計上 (06月16日)
岳都・松本 山岳フォーラム始まる (11月29日)
11月は遭難が激減する (11月01日)
山のテレビ番組 (03月26日)
「聖職の碑」を辿る (01月16日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):