本日 156 人 - 昨日 3202 人 - 累計 1665645 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

長野北部地震から半年

画像 明日、長野県北部地震から半年を迎える。被災地の復旧がようやく動き出した。

 2014年11月22日、長野県北部を震源とする震度6弱を観測し、重軽傷者46名、住家の全半壊243戸の被害をもたらした地震から明日で半年となる。

 被災地は有数の豪雪地のため、本格的な復旧は雪解け後となり、ほとんど手つかずの状況だった。

画像 被害の大きかった白馬村神城地区では、損壊した住宅の解体作業が始まり、生活の再建に向け動き出したようだ。

 田植えの時期となり、水田に水が張られているが、日が経つにつれて農地の被害も明らかになってきた。
 本当の被害状況の把握はこれから分かるのかもしれない。
 一帯は水田地帯、水が漏れるようでは水稲は行えない。
 少しでも早い復旧がまたれる。

画像 未だに潰れたままの状態の家屋もある。受けたダメージの大きさが伺える。

 一日でも早く、以前のように安心して暮らせる生活が、被災者に戻ることを願っています。


関連記事
山岳雪崩厳重に注意のこと (01月15日)
消防防災ヘリ「アルプス」出動 (04月28日)
長野県内は大雨となっています (07月01日)
長野県北部地震から5年 (03月12日)
西日本は大雪厳重な警戒必要 (02月09日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):