本日 2252 人 - 昨日 3050 人 - 累計 1649954 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

タラの芽情報

画像 山菜の王様「タラの芽」がそろそろ出始めている。

 北信濃の春の山菜と言えば、ふきのとう、こごみ、タラの芽、わらびの順番に出てくるもの。

 現在、南向きの斜面では標高1,000m付近でも取れ始めている。北向き斜面は写真のとおり、芽が出ていない。

 タラの芽は、他の山菜とは違って収穫するには厄介である。タラノキは高木でトゲがあり、大概は歩きに行く場所にはえていて、希少である。

 「タラの芽」は、天ぷらにして食べるのがお勧めだ。独特の苦みと天つゆ絡み合ってとても美味しい。

 カリウム・カルシウム、ビタミンBなどを多く含み、苦味成分の「エラトサイド」は、糖尿病や肥満の予防にも効くと言われている。

 いろんな意味で王様と言われるにふさわしいと思う。


関連記事
スパームーンはこれだ (08月11日)
西に吉野、東に陸郷・桜仙峡 (04月25日)
春を運ぶ ふきのとうの (03月07日)
玉菜のように、霜にあふほどいきいきして・・高村光太郎 (12月23日)
ジャンプ竹内択 表彰台逃す (08月24日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):