本日 831 人 - 昨日 3094 人 - 累計 1645483 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

最高の白馬乗鞍岳の山スキー

画像 北アルプスの白馬乗鞍岳に山スキーに行って来ました。
 バックカントリーのメッカに、スキーやスノーボードを楽しむため、全国から沢山の人が訪れていました。

 天候不順が続いた1週間でしたが、4月18日(土)は天候に恵まれ、朝から太陽が降り注ぎ気温が上がり、まさに山スキー日和となりました。

 北アルプスの白馬乗鞍岳周辺は、山スキーのメッカとして有名で、ツアーコースのバリエーションも豊富です。

 栂池自然園から入山して、栂池高原スキー場に戻るのが一般的なコースとなります。

 栂池高原ゴンドラリフト(イブ)の運転開始は午前8時からですが、百名以上が並ぶとの情報があり、午前7時半にチケット売り場へ到着。約20番目といったところ。

 チケットは、「ゴンドラリフト+栂池ロープウェー」(栂池パノラマウェイ)で片道1,920円。

 ロープウェーのチケット購入には、チケット売り場で「登山者カード」を提出しないとチケットを購入できない。
 あとで聞いた話だが、単独行の者は遭難のリスクが高いとの理由で、ロープウェーのチケットは売ってもらえないようだ。

画像 ゴンドラの運転開始前には、150人ほどが並んだのではないか。山スキー客が9割、残りは普通のボーダーと思える。

 ゴンドラは6人乗りのため大した待ち時間ではない。約4キロを約20分で終点の栂の森駅まで運んでくれる。

画像 ゴンドラを降りて、ロープウェー乗り場のある栂の森ゲレンデ下部までは、一旦スキーを付け500mほど滑走することになる。そこに栂大門駅がある。

 ロープウェーの始発は8時半。これには乗れなかったが、混雑する日は増発となるようで、通常30分間隔を15分間隔の運行となり、8時45分に乗車できた。
 乗車時間約5分で、栂池自然園の直ぐ下にある「自然園駅」に到着する。

画像 山スキー用具のない我々は、通常のスキーを逆さV字にしてザックに括り付け担ぎ上げる予定だ。背負う重量は10キロは越えているだろう。(両スキーで7kg)

 足には、スキー靴にアイゼンをかませて固定する。
 こんな格好で登っていくのは、我々以外にはいない。
 それどころか、山スキー専用の板でない者も5人程度しか見当たらない。


画像 9時15分ハイクアップ開始。栂池ヒュッテ前を通過し西斜面にとりつく。急登のためジグザグに登って行く。
 30分ほど登ると天狗原から続く斜面に出て視界が開ける。

 さらに1時間ほど歩くと天狗原の祠に到着。時間がないため今日はここまでとする。

 
 ヘリスキーを利用すれば天狗原まで5分で運んでくれる。料金は14,000円だが、10時頃まではひっきりなしにピシトン輸送してましたから、かなりの利用者がいたと思える。


画像 真正面には、白馬乗鞍岳(標高の2469m)の真っ白で雄大な大斜面が広がっている。斜面を登るスキーヤーは失礼だが蟻のように動いて見える。
 しかし見事な斜面である。これがバックカントリーの醍醐味だろうか。

 今日は最高の春山日和で、簡単にここを離れるのが勿体なく、コーヒーブレイクも長くなってしまった。


画像 正午、天狗原を出発する。いよいよ滑走開始だ。

 栂池高原スキー場のゴンドラ乗場までは6km程度はあるだろう。若い頃なら30分程度で滑り降りたと思うが今はそうはいかない。

 障害物のない一面の雪原は本当に感動もの。
画像 誘導ポールに沿って滑り降りのだが、大回転競技の旗門のようで懐かしい。

画像 成城大学小屋の脇を通過すると林道に出る。ここからは林間コースを滑って栂の森ゲレンデを目指す。
 途中、早大小屋を過ぎたあたりの雪崩の巣みたいなところを通過する。昨シーズン犠牲者が出た所だ。

 12時50分、栂の森ゲレンデ下部に到着。

 ここからはスキー場のゲレンデを滑っていく。今シーズンは残雪が多く、下まで滑走していけるのだが、ざっくざくの雪が重く足が疲れてきたので、ゴンドラ中間駅から下り線に乗車し下山完了。(中間駅からの下り線は無料)
 

 今日も無事下山し二本の足で立っているのだが、実はとんだハプニングに見舞われたスキーでした。
 またいつか機会があったら報告したい。


関連記事
天下の名峰「甲斐駒ケ岳」山行 (08月23日)
20センチの融雪 (02月14日)
入笠山スキー (02月10日)
苗場の天狗の庭の草紅葉 (10月15日)
2日連続で登りたい鴨ヶ岳? (04月20日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):