本日 2996 人 - 昨日 4051 人 - 累計 2885856 人
  • 記事検索

RSS

真っ赤な回向柱に触れて長生き

DSC_5 善光寺の御開帳とは別に、他の寺でも御開帳が行われている。

 善光寺の南西(信州大学教育学部の東)には、善光寺菩提所の西方寺(さいほうじ)がある。
 
 こちらの回向柱はなんといっても赤い色が特徴。


DSC_0516 真っ赤な柱に金色でチベット文字が書かれた美しい回向柱。これは日本で唯一だという。

 大仏様の体内には「命の柱(ソクシン)」なるものが入っているという。

 西方寺は、2010年6月、ダライ・ラマ14世が来訪している。
 その「命の柱」は、ダライ・ラマ法王御来寺五周年記念に再現し、お堂の前に特別建立したという。

 「命の柱」に触れると大仏様から命を頂けて、元気で長生きできるとのこと。


DSC_6 善光寺世尊院(せそんいん)釋迦堂では、本尊として、釈迦涅槃像(しゃかねはんぞう)が安置されている。

 この御釈迦さんは、左手を腰の上に伸ばし、目を閉じ、右脇を下にして、頭を北にして横たわっている。

 こちらも善光寺御開帳に際して、釈迦堂の前にも松代から奉納された回向柱(えこうばしら)が立てられ御開帳が行われている。

 休日は、多少待ち時間が必要。善光寺に比べれば大したことはない。

 釋迦堂は、善光寺表参道よりひとつ東にある通り沿いにあるので、こちらも是非参拝のこと。



関連記事
ひと足早い野沢菜の漬け込み (11月17日)
久しぶりのお湿り (06月10日)
どんどん焼き (01月12日)
長野県北部に大雪着雪注意報 (12月05日)
松川渓谷の紅葉は終盤へ (10月29日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):