本日 884 人 - 昨日 2772 人 - 累計 1654266 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

「信州登山案内人」試験申込受付中

 長野県の「信州登山案内人」試験の受験申込が始まった。

 「信州登山案内人」試験は、今年で4回目となる。

 「信州登山案内人」は、「信州登山案内人条例」に基づき、長野県知事から登録される登山ガイドで、これまでに約500人(従前の「長野県観光案内業条例」に基づき許可を受けた者を含む)が登録されているという。

 
 「信州登山案内人」は、登山の知識・技術に加え、山岳の歴史に関する知識やコミュニケーション能力を備えた山岳ガイドである。

 今年の「信州登山案内人」の試験は、6月5日(金)に実施されるが、現在、受験申込の受付期間中で、平成27年4月23日(木)(17:00まで)が期限。

 受験希望者は、長野県庁山岳高原観光課・各地方事務所商工観光(建築)課又は長野県のホームページから受験申込書等を入手し、長野県山岳高原観光課へ申し込む。
 
 試験は、平成27年6月5日(金) 午前8時20分から

 会場は、筆記試験が大町市文化会館フレンドプラザ会議室(長野県大町市大町1601-2)

 筆記試験は、・信州登山案内人に必要な基礎知識、・長野県内の山岳に関する知識、・信州登山案内人に必要な基礎知識を問う共通問題と県内の山群を6つの地域に分け、それぞれの地域に対応した選択問題が出題される。

 実技試験が長野県山岳総合センター人工岩場(長野県大町市大字常盤5638-47)で、安全確保技術(確保技術・下降技術)、搬送技術の試験

 作文試験もあり、信州登山案内人としての活動を行う意欲等を問うもの。

 
 この試験、誰でも受験できるわけではない。

 受験資格は、
 ①平成 27 年4月1日現在、満 20 歳以上の者であること。

 ②登山経験5年以上かつ山行日数 200 日以上(うち標高 1500m以上の雪山経験30日以上及び長野県内山行日数 100 日以上並びに受験を希望する専門とする案内地域の山行日数 30 日以上)を有する者又はこれと同等レベル以上の登山経験を有する者であると県内登山案内人組合長が推薦する者

 これだけの受験資格と筆記、実技試験をクリアしたものだけが登録されるのであるから、安心して信州の山岳のガイドを頼めるというもの。

 よろしければ、あなたも受験してみませんか。


関連記事
週末は安曇野で山岳フェス (10月02日)
北アルプスは大雨 (09月19日)
冬山へ続々入山 (12月28日)
雨飾山周辺で地震続く (06月27日)
山岳保険に入りましょう (12月15日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):