本日 60 人 - 昨日 2705 人 - 累計 2328778 人
  • 記事検索

RSS

御嶽山規制緩和

IMGP1039 気象庁は、御嶽山の警戒区域を2kmに緩和した。

 平成27年3月31日、気象庁は御嶽山の噴火警戒レベル3は継続するものの、警戒区域を火口から概ね2kmの範囲に緩和した。

 引き続き、大きな噴石と火砕流に警戒が必要。

 ただし、地獄谷方向は火口から2.5kmまで火砕流に警戒が必要としている。


 岐阜県側は9合目の飛騨頂上付近にある五の池小屋が警戒区域から外れ、雪解け後の7月から営業を再開する見込みのようだ。

 下呂市では、五の池小屋にヘルメットやゴーグルを各100個、自動体外式除細動器などを新たに設置し、緊急避難場所としての機能を充実させるとしている。

 備えたものをあてにするより、ヘルメット着用で登った方がいいだろう。


 長野県側は、田ノ原ルートなら八合目付近となる。写真の八合目の避難小屋のどうなっているか、確認の上再開となるだろう。

 警戒区域が設けられていても、そこから先に行くか行かないかは、登山者自身のモラルの問題。他の活火山でも、警戒区域内に平然と立ち入っていく登山者がいる現状がある。

 先月28日に撮影した御嶽山の動画をアップしました。興味のある方は、ご覧ください。


関連記事
信州スキー場相次ぎオープン (12月10日)
上信越高原国立高原が分離! (05月21日)
あの滑落女子高生次はエベレスト目指す (02月28日)
静岡県警も登山届で「コンパス」活用 (11月01日)
信州百名山の選択基準は (04月01日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):