本日 3039 人 - 昨日 4051 人 - 累計 2885899 人
  • 記事検索

RSS

善光寺御開帳の回向柱建立

DSC_0069 善光寺御開帳の回向柱が、本堂前に建立され、あとは御開帳を待つのみとなった。

DSC_0062_1 長野市善光寺の御開帳は、4月5日(日)より5月31日(日)までの間行われる。

 御開帳とは、数え年で七年に一度、秘仏である御本尊の御身代わり 「前立本尊」(鎌倉時代・重要文化財)を本堂にお迎えして「善光寺前立本尊御開帳」を行う。
  仏都の春、御仏とのありがたいご縁が生まれというもの。


DSC_0066_1 阿弥陀如来の右手に結ばれた金糸は五色の糸となり、白い布となる善の綱が、本堂前の回向柱に結ばれる。
 その回向柱に触れると、前立本尊に触れるのと同じで、大変ありがたい縁が生まれ、その功徳ははかりしれないと言われる。

 この回向柱が昨日(4/3)無事建立された。御開帳までは白い布に覆われ、柱に架かれた文字を見ることはできない。

 それでもテレビの取材やアマチュアカメラマンが、ひっそりとした善光寺境内で思いの角度で撮影している。

 今日(4/4)は、午後3時から前立本尊御遷座式(本堂)。

 明日(4/5)は、午前10時から12時まで、開闢大法要(本堂)が行われ御開帳が始まる。

 今年は、北陸新幹線の金沢延伸により、前回以上の人出が予想される。

 夜間のライトアップも行われるようなので、人出の少ない夜は狙いどころかもしれない。

 是非この機会に、七年に一度のご利益にあやかりたいものだ。


関連記事
スパームーンはこれだ (08月11日)
冬山登山相談所設置 (12月30日)
期間前半降雪量かなり多い (12月01日)
志賀高原で降雪 (10月23日)
暗い朝は終わり (01月14日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):