本日 177 人 - 昨日 2271 人 - 累計 1824262 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

最大規模の山林火災発生

画像 長野県岡谷市の山林で、大規模な火災が発生し消火活動が行われている。一部の住民に避難準備情報も出された。

 年度末の最終日の今日、岡谷市川岸地区の山林が燃え、過去最大規模の火災となっている。

 信越放送などによると、今日正午前、山林内にある墓地で、「線香に火をつけようとして下草に火が燃え移った」と消防通報があった。



 消防の話しとして、夕方までにおよそ300haが焼け、県内で起きた山林火災としては最大規模になっているという。

 
 長野県の消防防災へりのほか、群馬県、埼玉県、岐阜県、富山県に応援を要請したほか、自衛隊のチヌークも2機出動して消火活動を行っている。昨日は、合計6機のヘリで消火にあたったとのこと。


 けが人は今のところ確認されていないが、民家のへの延焼の恐れがあることから、岡谷市は一部の住民を対象に避難準備情報を出している。

 午後5時半現在には火の勢いは収まってきているということですが、消防車が近寄れない場所もあるため鎮火までにはまだ時間がかかるとの見込。

 今朝(1日)は、早朝からヘリによる散水も行われているが、6時半現在延焼中のようだ。
 天気は、雨の予報が出ている。こういうときは。しっかり降ってほしいものだ。


 よりによって、一元化した諏訪広域消防本部のスタートを前に、大きな火災が発生してしまった。

 県内各地で火災が多発して、警戒を呼び掛けていた矢先のことで、本当に残念です。

 一人一人のちょっとした注意があれば防げるものですが、皆さん、火の取扱いには十分に注意してください。



※上の写真は、長野県消防防災へり「アルプス」の消火訓練の様子です。本件の火災における活動ではありません。


関連記事
草津白根山はやや活発で経過 (10月09日)
大雪未だ止まず (01月15日)
長野県内ほぼ全域で雨 (10月22日)
浅間山で火映を観測 (06月12日)
消防防災ヘリ「アルプス」山岳救助66件 (01月29日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):