本日 2542 人 - 昨日 4593 人 - 累計 2758431 人
  • 記事検索

RSS

森太郎に会いに行こう

 北信濃鍋倉山の山中に森太郎はいます。菜の花が咲くころ、会いにいくことにしよう。

 「森太郎」(もりたろう)とは、人の名前ではありません。ブナの大木につけられた名前。

 日本の巨樹巨木百選にも選ばれ、樹齢400年を超えるブナの巨木が「森太郎」と名付けられ、鍋倉山の「巨木の谷」に悠然と立っている。

 ブナの寿命は最長でも400年と言われ、「森太郎」の寿命も長くないと考えられている。

 巨木の谷を歩き、悠久の時の流れを肌で感じ、ブナの森の自然の摂理と、森がもたらす水と人との関係に思いを馳せてみよう。

 巨木の谷へは、長野県道の上越飯山線からアクセスすることになるが、4月24日までは冬期閉鎖期間のため、それ以降の入山がおススメとなる。
 まさに里は菜の花が咲き乱れている頃だろう。


関連記事
公開セミナー「岳都の自然、今とこれから」 (12月02日)
アクティブ・レンジャー写真展開催中 (12月18日)
中アロープウェイ運休情報 (03月22日)
大雪山系旭岳で積雪 (09月29日)
「黒部の太陽」撮影セットが見れます (05月21日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):