本日 1473 人 - 昨日 2647 人 - 累計 4214213 人
  • 記事検索

RSS

おらが「御嶽海」勝ち越し

 大相撲春場所では、木曽出身で今場所初土俵の御嶽海が勝越した。

 御嶽海(みたけうみ)は、木曽郡上松町出身で学生横綱とアマチュア横綱の二冠を獲得し角界入りした。


 今場所、幕下付出10枚目で初土俵を踏んだが、見事6勝1敗で勝ち越し。

 アマ二冠はダテじゃないところを見せ付けた格好。


 御嶽海は、南木曽町土石流災害や御嶽山噴火災害が相次いだことで、木曽の人に元気を与えたいと大相撲入りし、御嶽山から親方が名付けたもの。

 当初は角界入りするつもりはなく、アマ相撲の和歌山県庁へ内定をもらっていたという。

 選択は間違っていなかった。春場所での相撲は立派、木曽の人々や長野県民にも十分に勇気を与えたと思う。

 こんなレベルで戦う逸材ではないので、少しでも早く関取になって、もっと木曽や長野県民に元気を与えてほしい。


 次の場所は幕下上位で、十分十両を狙えそうだ。
 


コメント
name.. :記憶
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):