本日 389 人 - 昨日 2609 人 - 累計 2213840 人
  • 記事検索

RSS

春を運ぶ ふきのとうの

DSC_0025_1 ふきのとうがようやく膨らみました。春はすぐそこまで来ています。

DSC_0027_12 今日も気温が上がり、奥深い山の雪解けも進みました。雪の下で耐えていたふきのとうも顔をのぞかせています。

 旬のふきのとうを天ぷらにしていただきます。

 春を味わって、もう少し春を待ちたいと思います。


 小学校の教科書に掲載されている工藤直子さんの「ふきのとう」という詩をご存知ですか、まさにこの詩のとおりです。


「ふきのとう」工藤直子


よが あけました。
あさの ひかりを あびて、
竹やぶの 竹の はっぱが、「さむかったね。」
「うん、さむかったね。」と ささやいて います。

雪がまだすこしのこって、
あたりはしんとしています。

どこかで、小さなこえがしました。
「よいしょ、よいしょ。おもたいな。」
竹やぶのそばの ふきのとうです。
雪の下に あたまを出して、雪をどけようと、
ふんばっているところです。
「よいしょ、よいしょ。そとが 見たいな。」

「ごめんね。」と、雪が言いました。
「わたしも、早くとけて 水になり、とおくへいって あそびたいけど。」
と、上を見上げます。
「竹やぶのかげになって、お日さまがあたらない。」
とざんねんそうです。

「すまない。」と、竹やぶが言いました。
「わたしたちも、ゆれておどりたい。
 ゆれておどれば、雪に日があたる。」と、上を見上げます。
「でも、はるかぜが まだ こない。はるかぜが こないと、おどれない。」
とざんねんそうです。

空の上で、お日さまがわらいました。
「おや、はるかぜがねぼうしているな。
 竹やぶも 雪も ふきのとうも、みんな
 こまって いるな。」
そこで、南をむいて言いました。
「おうい、はるかぜ。おきなさい。」

お日さまにおこされて、
はるかぜは、大きなあくび。
それから、せのびして 言いました。
「や、お日さま。や、みんな。おまちどお。」
はるかぜは、むねいっぱいにいきをすい、
ふうっといきをはきました。
     
はるかぜにふかれて、
竹やぶが、ゆれるゆれる、おどる。
雪が、とけるとける、水になる。
ふきのとうが、ふんばる、せがのびる。
ふかれて、
ゆれて、
とけて、
ふんばって、もっこり。

ふきのとうが、かおを出しました。
「こんにちは。」

もう、すっかりはるです。


関連記事
明日から明るくなる (01月06日)
北信濃に花の便り (03月29日)
イルミネーションフォレスト ザ・ファイナル (12月25日)
長野県北部 未明から大雪 (02月06日)
ソチ冬季五輪開幕 (02月08日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):