本日 2272 人 - 昨日 3212 人 - 累計 3009159 人
  • 記事検索

RSS

まるでヒッチコック 大量のムクドリ

DSC_0015_1 長野市で、大量のムクドリが発生し、まるで映画「ヒッチコック」のような状況がうまれている。

 長野市中心市街地の小学校に集まる大量のムクドリを追い払うため、長野市は信州大学で野鳥研究の専門家の中村教授の協力を得て、撃退作戦を昨日(2/24)から行っている。

 この撃退作戦は、一定の効果をあげ小学校からはムクドリの姿が消えたようだが、今度は小学校を追われたムクドリが近くの繁華街の電線にぎっしり集っている状況。

 約百メートルの道路沿いに立つ電柱間の数本の電線全てに、電線が見えなくなるほどムクドリが集っているのだ。

 電線の下は、ムクドリの大量の糞で真っ白、おちおちと歩いてもいられない。小学校をねぐらにしていたムクドリは、2万羽とも3万羽とも言われている。
 それが、小学校から繁華街に移動したに過ぎないのかもしれない。

 小学校周辺の住民の悪臭や騒音被害も大変だっただろうが、こちらもすごいことになっている。
 送別会シーズンを前に、付近の飲食店から苦情が出そうだ。さらなる対策が必要ではなかろうか。

 ちなみにムクドリの撃退作戦は、ムクドリの天敵のタカやフクロウのはく製を高木の上に置き、フクロウの鳴き声をテープで流すというもの。


関連記事
飯田での勤務を終えて (03月31日)
男子駅伝 長野県チームが優勝 (01月19日)
今日のスカイツリー (11月15日)
長野女子東日本駅伝で圧勝 (11月13日)
至福の時 (12月12日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):