本日 327 人 - 昨日 2378 人 - 累計 1886771 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

白沢天狗山スキーの男性の死亡を確認

 北アルプスの白沢天狗山で山スキーをしていて雪崩に巻き込まれ、意識不明となっていた男性の死亡が確認されました。

 男性は、2月14日、仲間と二人で白沢天狗山直下(1950m付近)で山スキーをしていて、雪崩に巻き込まれ立ち木にぶつかり、胸を強打し意識不明となっていました。

 しかし、救出出来ないまま現場に取り残されていました。

 捜索は大雪に阻まれ難航していましたが、本日(2/16)午後、長野県の防災ヘリから投入された隊員により、1mの雪の下から発見され死亡が確認されました。
 ご冥福をお祈りします。

 亡くなったのは、長野県原村の52歳の会社員の男性です。

 現場は、いつ雪崩が発生してもおかしくないほど雪が積もっており、無事下山した同行者が、目印に立てたスキーが20センチしか雪面に出ていなかったようです。

 今年は、記録的な大雪となっているところがあります。いつものようにはいかないことも、予想もつかないことも起きています。
 冬山に入山する際には、本当に注意が必要です。同じ過ちを繰り返さないようにしましょう。


関連記事
60代女性の重傷事故2件 (06月29日)
高妻山登山道で骨折 (07月21日)
白馬大雪渓で滑落 (07月15日)
ロッククライミングでまた滑落 (08月12日)
北ア奥大日岳で高齢男性病死 (08月04日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):